乳首が黒い女性は嫌われる

乳首が黒いのはあきらめる必用はない

乳首黒いのバイバイでは本気で薄くしたいと考えている女性へ美白方法を紹介しています。

10代から30代の女性で乳首の色に悩んでいる人は非常に多いです。それもそのはずで男性はピンクな女性に憧れていて、色が茶色だったりする人を経験人数の多い女と考えているからです。

実際に乳首の色が黒いことが原因で彼氏と別れてしまう人もいれば、男性に積極的になれない女性も多いです。

実は全く男性経験がない女性でも色がもともと黒い人は沢山います。男性はその事実を知らなければ知ろうともしません。

付き合っている彼女の経験人数なんて知る方法もありません。そもそも経験人数の多い人が正直に今まで何人と付き合ったなどと答えず、嘘を言って隠す人が多いです。男性からすると女性は隠すものだと考えている人も多く、一度疑いの心を持ってしまうと何を言われようと信じれなくなってしまうのですね。

それならば色を薄くするしか方法は無い訳で多くの人が乳首を美白してピンクにしようと考えるのですね。しかし、実はそこには罠が隠されていて全く無駄骨に終わってしまう人も多いです。

本気で乳首が黒いのをピンクにしたいと憧れている人は読み続けて頂ければと思います。失敗する人の特徴を抑え、正しい方法で美白を行うようにすれば良いだけです。あきらめる必用は全くないのですね。

乳首のクリームを使うも効き目が無い人は多い

実は乳首の美白クリームは様々なものが販売されていますが、全く効き目が無かったと答える人も非常に多いです。

  • すぐに色が戻ってしまった・・・
  • ほんのり変わった程度・・・
  • 全く変化なし!!

口コミを見るとこれらの事はたくさん書かれていて効き目がないと嘆いている女性も多いです。きちんと知識を付けずに実践するので間違った方法を試してしまっているのです。

乳首のクリームを使うも効き目が無いと感じる多くの人は、着色剤をつけていることが多いです。口紅と同じように塗ることで色を変化させるように作られたクリームを利用してしまっているのですね。美白成分が少量含まれていたりはするものの、目的は着色することなので、たいして効き目があらわれないのです。

着色剤でも色素が薄い人であれば黒乳首がピンクになることはあります。しかし、黒い人だともともとの色味が濃いので、色がほとんど変化がしないことも多いです。絵の具で黒い色とピンク色を混ぜた時をイメージして貰えれば分かりやすいのではないでしょうか!?

本来の目的とは違うクリームを使っているのですから効果を感じることができないのも当然のことです。

同じ失敗をしない為には美白成分が沢山配合されたのを利用する必要があります。それも、きちんと肌に浸透をするものでなければなりません。

医薬部外品のクリームがおすすめ

肌のターンオーバーを促す保湿成分や美容成分といっても様々な種類があります。

しかし、厚生労働省が美白効果を認めている成分は実はそんなに多くありません。そのため、美白って言葉を使わずに「明るくなった」や「キレイな色になった」などの表現で使われる成分も多いです。

厚生労働省が認めている成分が配合されている訳ではないので、『美白』って言葉をはっきりと表現することができないので、勘違いをさせる文面で表現がされているのですね。

そのため、美白をしたいのであれば、「サクラ色」や「ピンク色」などの表現ではなく、はっきりと美白と明記された医薬部外品のクリームがおすすめとなります。

もちろん、医薬部外品であれば全てのクリームや化粧品が効果があらわれる訳ではありません。それぞれ肌質なども異なってくるので全ての人が効き目があらわれるクリームはありません。それは薬だろうがどんな化粧品でも同じことで、人それぞれ効き目は変わってきます。

ただ、効果が無いと評判の悪い乳首のクリームが沢山あるなかで、医薬部外品ならば有効成分がきちんと含まれているので、圧倒的に信用することができるはずです。

人気のクリームを見て貰えれば分かるとおり、どれも医薬部外品となっています。だからこそ効果を実感している人が多かったり、リピート購入する人が多くなっているのですね。

乳首が黒い人用のクリームランキング!人気の美白クリーム

ホワイトラグジュアリープレミアム

ホワイトラグジュアリーはTV番組でも紹介がされるほど人気のクリームです。

黒ずみクリームの中でも特に乳首をピンクにしたい人に人気があります。3種類の浸透率の異なるビタミンと2種類の有効成分が配合された医薬部外品となっています。

浸透力の違うビタミンが肌の表面から角質層の奥まで、それぞれの成分が浸透するようになっています。

そのためか効果を感じている人は非常に多く、利用者が非常に多くなっています。効果のあると評判のクリームを使いたい人に人気となっています。

乳首訴求

イビサクリーム

イビサクリームの特徴は低刺激にこだわって作られていることです。

もともと、脱毛サロンの「Ibiza」によって作られたクリームで、陰部が黒いのを薄くしたいって人の為に作られました。デリケートゾーンにも使えるように低刺激にこだわって作られているのです。

特にデリケートゾーンを美白したいって人に人気となっているクリームです。

乳首だけではなく、デリケートゾーンも一緒に美白したいって人に人気となっている医薬部外品です。

イビサクリーム

ピューレパール

黒ずみクリームの中では長く人気のあるクリームです。

特に利用者が多いのが脇です。保湿力に優れたトリプルヒアルロン酸が配合されており、乾燥やかゆみに悩んでいる人に人気もあります。

乳首だけでなく、脇の黒ずみも美白したいって人に人気となっています。また、乾燥をしてカサカサしているなどの症状を感じる人にも人気となっています。

脇訴求

乳首が黒いのを美白したい人のクリームの選び方

黒ずみクリームはどこの部位に使うかにもよって人気のは異なってきます。配合されている美白成分は大きく異なるようなことはありません。しかし、肌の部位にもよって特徴は異なってきます。

乳首や陰部のようなデリケートゾーンには刺激に注意です。脇であれば、定期的なカミソリで剃ることで肌へダメージを与えてしまっています。そのため、乾燥がしやすいです。

そのため、使う肌の黒ずみを美白するクリームで人気のを選ぶのがおすすめです。

黒ずみクリームの多くはハイドロキノンと呼ばれる美白効果が高い成分が配合されていません。それは副作用から余計に黒ずみを悪化させてしまう可能性があるからです。

実際に乳首にハイドロキノンを使って乳輪が大きくなったなどの口コミも見受けられます。

リスクは非常に高くはなりますが、ハイドロキノンが配合されたクリームを病院で処方して貰うのもひとつの手ではあります。ただ乳輪が大きくなったり、どす黒くなってしまうリスクを考えると、医薬部外品のクリームで美白するのがおすすめです。

病院へ行く必用もなく購入できるってメリットもありますからね。

おすすめの乳首美白クリーム

おすすめの乳首を美白するクリームはホワイトラグジュアリープレミアムとなります。

ホワイトラグジュアリープレミアムは医薬部外品のクリームで、美白効果を感じている人も多く、実際にわたしも使ったことがあります。バストトップケア商品で1位となっており、300名中294名の方が効果を実感しています。

有効成分としてグリチルリチン酸2Kと水溶性プラセンタが配合されており、3種類の肌への浸透率の違うビタミンが配合されているのが特徴です。

肌の表面の部分だけでなく、メラニンの発生源となるメラノサイトや更に奥にある真皮まで行き届く成分を配合されています。そのため、効果を感じている人は多いです。

TVや雑誌でも紹介されるなど利用者が非常に多い美白クリームとなります。

乳首をピンクに♪『ホワイトラグジュアリープレミアム』

乳首が黒い原因から分かる美白方法

乳首が黒い原因はメラニン色素が肌に沈着しているためです。肌に刺激を与えることで皮下組織にあるメラノサイトでメラニンが作られます。

ようするに乳首に刺激が与えられてしまった為にメラニンが大量に作られて、それが色をピンクから茶色へと変化させてしまっているのです。しかし、本来であれば肌のターンオーバーという古い皮膚細胞をはがれ落とす作用によりメラニンが分泌をされても色が変化することはありません。

大量に分泌されてしまっていたり、ターンオーバーが正常に作用しなかった為に色が黒くなってしまっているのですね。

ようするに乳首を美白する為に大事となるのは肌のターンオーバーを促すこと。刺激を与えないようにして予防をしながら肌のターンオーバーの働きを促進させるのです。
古い皮膚細胞を剥がす働きを促進させることで、美白を行えるようになるのですね。

そのために欠かせないのがターンオーバーを促進させる為の美白成分と肌の奥まで浸透させる浸透力の優れた成分が配合されている化粧品でケアをすることです。着色クリームを使っている人と同じように失敗してしまう人fr多いのが浸透力に優れた成分が配合されていないのを利用してしまうことです。

肌の表面上ではなく、奥深くにあるメラノサイトでメラニンは作られ色素沈着をしてしまっています。表面上にしか浸透しない美白成分を使ってもほとんど効果を得ることなんてできないのです。美白石鹸だと浸透力に優れた美白成分が含まれていても、浸透する前に水で洗い流してしまうので注意が必要です。

乳首を美白するなら浸透力に優れた美白成分が配合された化粧品で毎日ケアを行えばいいのですね。

顔に使う美白化粧品との違い

乳首が黒いのを美白するのなら、医薬部外品であればどれでも良いのと間違えてしまうかも知れませんが、全く違うので早とちりはしないようにお願いします。

他のからだの部分と違い、乳首や乳輪はデリケートな部分となっています。全く一緒の作りな訳ではありません。

肌への刺激に敏感になっている為、刺激の強い成分はリスクが高くなります。ハイドロキノンやトレチノインと呼ばれる肌の漂白剤とも呼ばれる優れたクリームを使って乳首をピンクにしようとする人はいます。

ただ、色が更に黒くなったや乳輪が大きくなった、肌が硬くなったなどと後悔している人が多いのですが、それは刺激が強すぎる成分だからなのですね。ただでさえ繊細な肌なのに刺激の強いものをつけることによって、大きなリスクとなってしまっているのです。

日本ではある一定量を越すと医者の判断無しでは販売してはいけない程の薬ですからね。

また、普通の化粧品もデリケートな部分に付けるようには作られていないので、顔には良くても乳首には刺激が強い成分が配合されていたりもします。美白化粧品を丁度持っているからと付けたりすると刺激からメラニンが分泌されて逆に色が黒くなることもあるので、絶対に使用しないように注意してください。

顔に使う美白化粧品とは違い、きちんと乳首に塗っても問題ないように作られたクリームを使いましょう。

乳首がかゆいのでかいてしまい色が黒くなった人へ

乳首が黒い人を対象にこのサイトでは原因や薄くする為に知識を紹介しています。ただ、乳首がかゆいことが原因で黒くなってしまう人も多いです。乳首が乾燥をしてしまい胸を掻きむしった刺激によってメラニンが分泌され色が黒くなってしまった。

そんな人は下記のサイトを見ると参考になるはずです。

このサイトが乳首の美白のみに対象にしましたが基本的にかゆいのを治す為に改善に使うクリームについては変わりありません。乳首がかゆい人に関してはかゆみの原因を取り除かなければクリームを使ったとしてもメラニンが刺激で分泌されてしまうので効果を思ったより体験できないはずです。

そのため、かゆい原因もしっかりと把握する必要があります。だからといってクリームが2種類必用な訳ではなく、乳首の美白クリームを使いさえすれば保湿を行うことができます。

美白もかゆみも保湿が重要となるので、同じクリームを利用すれば良いのですね。

乳首かゆいのバイビーであれば『乳首かゆい』ことについて詳しく書かれているのでそちらを参考にして、どのクリームを選ぶようにするか決めると良いはずです。

乳首クリームランキングへ戻る