乳首が黒い原因はブラジャーにあり※美白に失敗した人へ

乳首が黒い原因はブラジャーが関係しているってのをご存知ですか!?

多少サイズが違っていてもからといって、気にせずにいる女性は非常に多いです。ブラのデザインは気にしたりするもののサイズをきちんとフィットさせずに選んでしまうと乳首の色が黒くなる原因になってしまうことを知らない女性は多いです。

もしも、あなたの乳首が黒いのであればきちんとサイズを確認してブラを購入していないのではないでしょうか!?

乳首の美白クリームで医薬部外品となっているのが販売されていますが、中には効き目を感じない人もいます。でも多くの人が効果があらわれたなんて声もあります。

体質や肌のコンディションなど色々な原因が考えられるのですが、その一つの原因として大きいと思われるのが乳首が黒い原因を改善できていないために、黒ずみ原因を作ってしまうため美白クリームの効き目があらわれないことです。

いくら美白対策を行ったとしても黒くなる原因を作ってしまっては効き目があらわれません。運動してダイエットしているにもかかわらず、大食いしては意味がないのと同じことです。

ここでは乳首の美白を成功させる為にも黒くなる原因を解説していきます。

乳首が黒くなる原因はブラのこすれによる刺激

乳首が黒くなる原因は肌に刺激を与えることによってメラニンを過剰に分泌させてしまうことです。メラニンは刺激から肌を守る役割を行っており、からだの中で作られ分泌が行われています。

刺激を与えることによってメラニンを作りだす働きを促進させてしまい、過剰に分泌する原因となります。分泌されたメラニンが皮膚の細胞にひっついて色素沈着をすることで結果色が黒くなっているように見えるのです。

ようするに刺激を与えてしまうのが原因となります。

実はブラジャーのサイズがあっていなければ常に刺激が与えられるようになっています。歩いたりしてブラが乳首にすれた摩擦が与えられているので、常に刺激と隣あわせとなっています。

ブラジャー専門店の店員に話しかけると胸囲を測ったりと色々とサイズ合わせを行ってくれます。それはピッタリのサイズのブラを着けることで、肌に与えないようにする為でもあるのですね。
(全く知らずになんとなく図っている店員もいるとは思います)

全ての人がブラのサイズがあっていないと乳首が黒くなる訳ではない

女性の中でもサイズがきちんとあっていないブラジャーをしている人は沢山います。けど、人によっては乳首の色が黒くなっていない人も沢山います。それは、ターンオーバーが関係しています。

ターンオーバーについて軽く説明をさせていただきますと、人のからだは常に古い皮膚を剥がして新しい皮膚が作りだされています。古い皮膚を角質と呼び、肌の働きによって自然とからだから剥がれるようになっています。古い皮膚を剥がし新しい皮膚を作りだすこの働きをターンオーバーと呼びます。

肌のスキンケアを行っていればターンオーバーが正常に行われるので上手く古い皮膚が剥がれてくれます。そのため、乳首の皮膚にメラニンが色素沈着をしたとしても色がついた皮膚が剥がれてしまえば黒ずみことはありません。

ターンオーバーを正常に行う為には皮膚を保湿するなどがあるのですが、人によって乾燥度合いなども全く異なってきます。そのため、全ての人がブラのサイズがあっていなくても色が黒くなる訳ではないのですね。

乳首ケアをしていなくとも人によって乾燥がどの程度進んでいるかも異なり、ターンオーバーがどの程度正常に行われているかも異なります。色が黒い人もいればきれいな人もいる原因はスキンケアが関係しているのですね。

乳首が黒い原因である刺激を防ぐ為にもブラジャーはサイズのあったのを利用し、美白を行っていくようにしましょう。

美白については下記の記事で紹介しています。
乳首が黒いのを薄くしてピンクへ

SNSでもご購読できます。